記事
『7日の王妃(仮)』ヨン・ウジン本格登場
2017.06.08

ウジンさん主演ドラマ『7日の王妃(仮)』の記事が 掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

『7日の王妃(仮)』ヨン・ウジン、パク・ミニョン本格登場。“吹き荒れた展開に…”


©KBS2

『7日の王妃(仮)』パク・ミニョンとヨン・ウジンが今日、本格登場する。

KBS2TV水木ドラマ『7日の王妃(仮)』が、
ウェルメイドロマンス時代劇という好評を呼んでいる。
ストーリー・演出・俳優の三拍子が完璧に揃い心を奪われるからである。
特に今日(8日)に放送される第4話では、
パク・ミニョン(シン・チェギョン役)、ヨン・ウジン(イ・ヨク役)の
二人の成人俳優が本格的に登場するまでが予告され期待が高まっている。

そんな中『7日の王妃(仮)』制作陣が強烈な登場で予告したパク・ミニョン、
ヨン・ウジンの二人の俳優の撮影スチールを公開し人目を集めている。
二人の俳優の登場だけでもストーリーにどんな波乱が巻き起こるのかが気になる。

公開された写真から見て取れるように、
『7日の王妃(仮)』の子役から成人俳優へのバトンタッチは
二つのキーワードで整理する事ができる。
一つ目はパク・ミニョンの変わらない純粋さと天然で活発な性格だ。
二つ目はヨン・ウジンの強烈でダークに変わった姿である。

まずパク・ミニョンは幼い頃のチェギョンの姿のまま変わらず明るく清々しい。
花のように愛らしい美貌はもちろん、
周りまで明るく照らす特有でハッピーなエナジーまで、
幼い頃のチェギョンと変わらず同じである。
それだけでなく一層天然で活発となった様子まで足され、
彼女が描き出すシン・チェギョンの魅力をさらに期待させる。
パク・ミニョンの登場キーワードが“天然で活発”であるならば、
ヨン・ウジンの登場キーワードは“強烈とダーク”である。
幼い頃の少年のような姿はもう無い。圧倒的なカリスマ性はもちろん、
女心を揺さぶる大人の男の魅力を備えたイ・ヨクだけが残る。
このようにソンビ(士大夫)の服と武士の服を全て完璧に着こなし、
ヤヌスの魅力まで予告している。

前回の3話でシン・チェギョンとイ・ヨクの初恋は大きな危機に直面した。
生き生きとしながらときめきを感じていた少年少女は
悲しみの運命と絡み合ってしまい、それから5年の月日が過ぎたのである。
果たして5年という時間の間、彼らに起こった出来事は一体何なのか、
大人になった彼らの愛はまたどのような運命へと向かい合っていくのか、
今日(8日)放送される『7日の王妃(仮)』第4話の成り行きが注目される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂