記事
ヨン・ウジン、『内省的なボス(仮)』は思い出すだけで涙が出る作品
2017.03.22

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ヨン・ウジン、『内省的なボス(仮)』は思い出すだけで涙が出る作品


© JUMP ENTERTAINMENT

俳優ヨン・ウジンtvN『内省的なボス(仮)』は思い出すだけで
涙が出る作品だとコメントした。

ヨン・ウジンは21日(火)午後、ソウル江南区の
カフェで開かれたtvN『内省的なボス(仮)』放送終了のインタビューで
『内省的なボス(仮)』に対する愛情を表わした。

この日のヨン・ウジンは「『内省的なボス(仮)』という作品での思い出を
思い返すと涙が出そうだった。セリフも多くてかぶりもののシーンも多かった作品」と語った。

ヨン・ウジンにとって『内省的なボス(仮)』という作品は、
俳優としての人生に大きな成長をもたらした作品のように見えた。

ヨン・ウジンは「ジャンル的な部分についての悩みのせいで体重が減った。
内省的なキャラクターヨン・ウジンの役割を表現するために
自分自身をたくさん見つめなおした作品」と語った。

『内省的なボス(仮)』は、非常に内省的なボス、ウン・ファンギ(ヨン・ウジン)と
とても外向的な新入社員チェ・ロウン(パク・ヘス)が繰り広げる疎通ロマンスドラマだ。

ドラマ内で内省的なボスの役を引き受けたヨン・ウジンは
「ウン・ファンギ役を演じる過程は、常に自分を探す過程であった。
内省的な人物を表現してみると子供の頃の私の姿を思い出させられた」とし
「自分に絶えず質問を投げてキャラに集中した」と明らかにした。

ヨン・ウジンがウン・ファンギ役で熱演し、多彩な魅力を見せた『内省的なボス(仮)』は、
今月の14日(火)放送が終了した。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂