記事
ロマンチックコメディー職人ヨン・ウジン、酔っ払いシーン100%アドリブ
2017.03.01

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ロマンチックコメディー職人ヨン・ウジン、酔っ払いシーン100%アドリブ

※この記事にはドラマのネタバレが入っております。

俳優ヨン・ウジン「ロマンチックコメディー職人」の姿を惜しみなく発揮した。

ヨン・ウジンはtvN月火ドラマ『内省的なボス(仮)』で
非常に内省的なボス、ウン・ファンギ役を熱演した。
以前のドラマ『恋愛じゃなくて結婚』、『離婚弁護士は、恋愛中』より
ビジュアルはもちろん、演技力まで一層アップグレードされた姿で、
お茶の間に強力なときめきをプレゼントしている。

昨日28日(火)に放送された『内省的なボス(仮)』12話では
酔っ払いブツブツ言うウン・ファンギとチェ・ロウン(パク・ヘス役)の姿が描かれた。
ウン・ファンギの切ない眼差しの甘辛いロマンスを広げても、
たちまち恋愛下手に急変して笑いを誘った。
その後、初恋のソ・ヨンジョン(チャン・ヒジン役)までに参加して
女性二人の神経戦の顔色を見て、ワインを一気に飲んだ。
最終的には泥酔状態になったウン・ファンギの可愛さを爆発させた。

一方、カン・ウイル(ユン・バク役)とウン・イス(コン・スンヨン役)に
3年前の日についての真実を明らかすと説得をする場面では、
どっしりとしたカリスマを発揮し、まったく異なる雰囲気を醸し出した。

このように、ヨン・ウジンは、ロマンチックコメディーとノーマルを
行き来しながら劇の中心を掴んでいてくれる。
それだけでなく、やや静かで落ち着いたキャラクターに自分の
かわいい愛らしい魅力を加えて、さらに立体的なキャラクターとして描かれている。
何より「ロマンチックコメディー職人」といっても過言ではないほど
しっかりとした演技を見せてくれていて、視聴者の好評が続いている。

ヨン・ウジン所属事務所ジャンプエンターテイメントは
「ヨン・ウジンは、ほとんどの時間を台本の研究に費やしている。
不足した撮影日程の中でもドラマを面白くするために多くのアイデアを出している方だ」、
そして「12話の放送で見せてくれた酔っ払った演技もヨン・ウジンの100%アドリブで
作られたシーンである。幸いなことに、視聴者の方々が楽しく見てくださったようで感謝している」とし、
撮影の裏話を伝えた。

一方、tvN『内省的なボス(仮)』は毎週月、火曜日の夜11時に放送される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂