記事
大手術終えた『内省的なボス(仮)』、視聴率上昇狙う
2017.02.06

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

大手術終えた『内省的なボス(仮)』、視聴率上昇狙う


© JUMP ENTERTAINMENT

旧正月の連休期間に休止された
ケーブルチャンネルtvN月火ドラマ『内省的なボス(仮)』が6日、本編放送を再開する。

『内省的ボス(仮)』は、休止期間中、台本修正の大手術を敢行した。
『内省的ボス(仮)』は、期待作で出発した。
『また?!オ・ヘヨン ~僕が愛した未来(ジカン)~』(2016)のソン・ヒョンウクPD、
『恋愛じゃなくて結婚』(2014)のチュ・ファミ作家との再会が話題を集めたが、
物足りなさは大きかった。
ヨン・ウジン好演にもかかわらず、理解が容易ではなく
いくつかのキャラクター設定とヒロインの演技論議などは、視聴率の落下につながった。

台本の修正に応じて、新しい人物も登場する。
5話では、俳優のチャン・ヒジンが新たに投入され
ウン・ファンギ(ヨン・ウジン)の初恋でソ・ヨンジョン役を務める。
ソ・ヨンチョンは猫をかぶらずクールで感情表現が率直な人物で、
既存の人物との新しい関係を形成しながらエキサイティングな話を
作っていくものと予想される。同時にウン・ファンギがペントハウスの
幽霊になるしかなかった3年前の秘密も明らかになる。

放送に先立って公開されたウン・ファンギの過去のスチール写真にも期待を集める。
スチール写真の中のヨン・ウジンは今までとは全く違ったビジュアルである。
劇中、人の視線を恐れて黒い帽子とフードを被っていたが、
スチール写真ではピンクのニットと紺のコートを着てダンディーな魅力を誇っている。
優しい眼差しとはにかむ笑顔も既存のウン・ファンギキャラクターとは
全く異なる雰囲気だ。

制作スタッフに台本修正は容易ではない選択である。
当初計画していた企画意図とは違う方向に流れて行ってしまう可能性があり、
撮影を終えたものをあきらめなければならない状況も発生する。
それにもドラマの全体的な完成度と視聴者の反応を考慮して、
勇敢な決定を下した。実を結ぶことができるか注目される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂